About Christopher Nemeth

 

80年代勢いのあったハウス・オブ・ビューティー・アンド・カルチャーのメンバーの一人でもあったネメスは当時の

ロンドンファッション業界におけるキーパーソンであった。ロンドンでの活動をスタートさせ東京へ

拠点を移したネメスは、繊細なカット、ハンドメイドのディテールと幾何学的なシルエットで独自のスタイルを

生み出し、自身の作品を自画像であると呼んだ。繊細な手仕事で作られた洋服、絵や家具などで作られた世界観は、

 アートとファッションが混じり合い、デザイナーとだけでなくアーティストとして世界に知られる。

 

 

The History

 

ファッションデザイナー・アーティストであるクリストファー・ルイ・ネメス(Christopher Louis Nemeth、1959年

4月20日-2010年9月22日)はイギリスのバーミンガムで生まれた。1979年にロンドンへ移住し、キャンバーウェル・

カレッジ・オブ・アーツ(Camberwell College of Arts)でペインティングを学ぶ。1982年に卒業しアート活動を

続ける中、自分が着る服を作るためパターンカッティングや裁縫を独学で学び、処分された郵便袋や自作の

ペインティングのキャンバスを生地として使った。ロンドン、ケンジントンマーケットの露店で売り始めたところ、

写真家マーク・レボーン(Mark Lebon)に見入られ、i-D、Face、Tatlerなどの雑誌に取り上げられるようになる。

この時期にはハウス・オブ・ビューティー・アンド・カルチャーのメンバーと様々なコラボレーションをしていた。

中でもアクセサリーデザイナー、スタイリストでもあるジュディー・ブレーム(Judy Blame)とは数々の

一点物の作品を一緒に制作した。

 

1986年に拠点を東京に移し、セレクトショップのゼクトアー(Sector)で服を売り始める。80年代後半から90年代の

前半の間、オン・エアー・イースト(On Air East)など様々なファッションショーを行う。1994年には

ジュディー・ブレイムとマーク・レボーンを東京に招待し、共にファッションショー、ハード・ワーク(Hard Work)

を発表。1993年ゼクトアーは移転し、クリストファー・ネメスの旗艦店としてオープン。その後、ネメスの作品は

1993年から1994年にナショナル・ギャラリー・オブ・オーストラリア(National Gallery of Australia)で行った

展覧会Dressed to Kill: 100 Years of Fashionや、2013年にヴィクトリア・アンド・アルバート博物館

(Victoria and Albert Museum)での展覧会、Club to Catwalk: London Fashion in the 1980sなどで

作品が展示される。

 

トレンドに左右されず妥協も許さず、長年静かにアトリエで作り上げたネメス独自の美学は、途切れることのない

一つの作品である。そのコンセプトは外部から来るものでなく、制作する喜びからきている。それは本能的であり、

その道の匠への追求を求めるものであった。結果として作り出される製品よりも、そこに到達するまでの

プロセスを重要視し、生地や縫う動作をモチーフにした数々の絵などの作品は今も彼の店を飾る。

© All rights reserved by Christopher Nemeth, 2017.

TERMS AND CONDITION

DELIVERY POLICY